L・魔ッキューンの声・・・・(声フェチなわたし)

遂に手元に来ました!「It's a Game」が・・・・・・

ええと・・・感想は・・・・・

紙ジャケットレコード風が可愛い!
ミニチュア好きなアッシには、昔のレコードをそのまんま小さいCD版にしたアイデアがツボです☆
中にはカラ-ピンナップが入ってて、裸族の異名にふさわしいレスリーの裸が・・・・

ん?キャッチが
『このアルバムこそローラーズの青春のすべてをぶっつけた汗と涙の結晶だ!!』
です。凄い!

でも改めて聴いてみると、オーケストラサウンドが多くて、
メンバーの腕前がわからないよ。。。。残念。
しかもオリジナルが若干少ない。
「ハートで歌おう」「ラブ・フィーバー」「スイート・バージニア」「孤独の涙」「ダンスダンスダンス」
の5曲のみです。
しかし、このオリジナルがとてもカラフルで大人びてて良いのだ!!
エリック&ウッディは才能あると思います☆☆
「ハートで歌おう」は優等生的!!秀作です。
わたしは
「ダンスダンスダンス」
特に好きですね~~
「ラブ・フィーバー」も面白い歌♪
まあ、5曲あれば良いですかね。

で、アメリカ向けに作ったらしいこのアルバム。。
微妙に、ベイシティーローラーズのうつろな迷いとか、様々な葛藤も伝わってきます。
素朴なスコットランドの若者たちに。。。なんだかアメリカのショウビジネスが介入して、
いじくりたがってる・・・感じ。

僕たち、どういう方向に向かえば良いのか?

そんな迷いが感じられて不憫な気もします。

でーーーーーも!
レスリーの歌い方は面白い@@
ダミ声あり、シュガーボイスあり、カントリーあり、ミュージカルあり・・
インパクトのある歌声はやっぱりGOOです☆
男のシュガーボイスって、ちょっと変な例えですが
甘いのに決して女っぽいわけではないのら。

「愛をささやくとき」はフエロモン、むんむんたるレスリーの魅力発揮。

歌詞紹介します・・・・ひょ~~~~え~~~
053.gif





音楽を低くして
さあ、君を光の中で見せておくれ
(ぎょえ~~!!老けてるから、はぢかちい・・・)
暖炉の明かりに 君は輝いているよ
(暖炉か・・?暑いじょ~~~)
この僕が感じている愛が
これからはぐくまれていくかどうか
それを知るには
まだ早すぎるかもしれないけど
今夜からそれを確かめてみようよ
(ぎゃーーーー!!は・・はい!そうさせてください!風呂入らねば~~)

だって今夜の僕には
全てがうまくいくように思えるんだよ
君のろうそくを点しておいてあげよう
そう 今夜の僕には
全てがうまくいくように思えるんだ

今夜の僕には・・・そう 愛しているよ
(失神・・・)

さあ ドアを閉めて 鍵をかけて
君の心を僕に開いておくれ
(ん?心だけで良いんですかい・・?ショボン・・・)

ほら 君の愛の炎は燃えているじゃないか
さあ 僕に体を任せてごらん
互いのワインを味わおうよ
悦びの絶頂に達するまで・・・・・・

(ぐっは~~!!昇天!!)

なんちゃって、一人で妄想できる・・・・
腰抜けちゃう~~~~

こういうセクシー歌、初期には無かった・・?
いいえ、ありました!!
10代ですでに
「ひとりにしないで」「Just a little love」とか。。。
女の理性を破壊する男か!?
10代でこんな歌を歌ってたレス、ほんまにおませで、いけない男でした。。
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-09 17:31 | B・C・R
<< 日本の顔! CDを買っちまった! >>