『渚にて』   ~静かなほど、恐ろしい・・・

今日はたまたまNHK.BS第二で
『渚にて』
というアメリカ映画を観ました。
タイトルだけだと、恋愛ものの、甘いストーリーみたいでしょ?
でも。。。。

■公開: 1959年
■監督: スタンリー・クレイマー
■原作: ネヴィル・シュート
■脚本: ジョン・バクストン

■出演: グレゴリー・ペック(「ローマの休日」「オーメン」「白鯨」)
     エヴァ・ガードナー(「裸足の伯爵夫人」「モガンボ」)
     アンソニー・パーキンス(「友情ある説得」「さよならをもう一度」「サイコ」)
     フレッド・アステア(「踊る紐育」「足長おじさん」「タワーリング・イン・フェルノ」)他

■ストーリー
1964年、第三次世界大戦が勃発。
核爆弾による戦闘で地球上は放射能に汚染されてしまい、北半球は壊滅状態となる。
死の灰が近づきつつあった南半球オーストラリアのメルボルンに1隻の原子力潜水艦が入港。
潜水艦の船長タワーズ(グレゴリー・ぺック)はメルボルンで迫り来る死を待つか、
人類が絶滅した祖国アメリカに戻るかの決断を迫られる。
そんな時、放射能で死滅したはずのサンディエゴの町からモールス信号を受信。
調査のため、原子力潜水艦はサンフランシスコに向かうが、その正体は・・・・
    (「素晴らしき哉、クラシック映画」参照)
e0169157_18181261.jpg







■感想
この映画は静かなアメリカ映画です。
放射能汚染で、北半球が人類滅亡しているのに、オーストラリアの海岸は
何事もないように、美しく穏やか・・・
でも、刻々と迫る「逃れられない死」。
死を目前に、愛を確かめ合う男女、安楽死できる薬を待つ長蛇の列、
レースで勝った後愛車で排気ガス死を選ぶ男など・・・
どれもこれも、あくまで静寂で、直接的な描写も無い。
これが、怖いんです。。
本当に人類滅亡を知っていたら、待つ身は、そうかもしれません。
あらゆるパニック物が、この映画の後も流行りましたが、
おそらく一番怖く、悲しく、美しい「滅亡もの」なんじゃないかな?
こういう奇をてらっていない映画作りは、返って感情を深く移入しながら観てしまいます。

役者が全て適役☆
グレゴリー・ぺックという役者は「大根」と自負していましたが、存在そのものが誠実そうで、控えめなのに華がある。。
こういった大きなテーマのものでも、ホラーでも、恋愛ものでも、とにかく自分を弁えて演じています。
エバ・ガードナーは大好きなタイプの姐御肌女優。
綺麗で、性格きついけど、情がある。実にイイ女です☆
トニパキ(アンソニー・パーキンス)は、「サイコ」があまりに似合っていましたが、繊細で、優しい。。
そんな彼の本質がよく出ています。
若い妻と赤ん坊と、薬で心中を決断するシーン・・・・泣いてしまった。。
フレッド・アステアは、ダンス抜きです。
彼の味わい深い自然な演技はまた、涙を誘います。
「せめて死ぬ前にタップを踊って!!」
なんて思うこともなく、演技者アステアに惚れました。

映像的にも素晴らしい☆
特に海の撮り方、潜水艦の浮き上がる時の大きな波など・・・
おおおおおーーーーっと思わず目を見張る迫力で画面に訴えかけます!

嗚呼。。。問題作!!
ぜひぜひ機会あればオススメです☆
迫りくる人類の死は、乾いてて静か・・・・・・怖い。
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-31 18:52 | 映画・演劇
<< 映画三昧☆ 『エリザベスタウン』。 >>