『南極料理人』

本日は、あまり気が進まなかったけど
バクダンさんと新宿へ、映画を観に行って来ました。

■監督・脚本:沖田修一
■原作:西村淳
■出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高橋健吾ほか。
■製作国:2009年日本映画
■上映時間:2時間5分
南極観測隊員の西村淳のエッセイ「面白南極料理人」の映画化。
■ストーリー
極寒の南極ドームふじ基地にやってきた8人の観測隊員の1人、西村(堺)の仕事は隊員の毎日の食事を作ること。
約1年半、遠く離れた日本に家族を残し、隊員たちは悪戦苦闘しながらも次第に絆を深めていく。

(エイガ・コム参照)
e0169157_21165120.jpg





■感想
淡々と進む物語。
この手の邦画が最近、めっきり増えました。
肩の抜けた映画というか・・・・?

男ばかり8人が(うち7人は中年)、極寒の南極で単身赴任。
いや~~!!むさい!!さむい!!
様々な職種の彼らは、当然マイペースな男たち。
ワガママも出るし、閉鎖的な室内でイライラもする。。
喧嘩も凄く子供っぽいのだ!
でも、なぜかキレたり、追い詰められないんだなぁ。。。何で?

それは、美味しい物を三度三度きっちり食べているから☆
食は大事!!睡眠欲、性欲もだけど。。。
やっぱりちゃんと食べるって、どこか心に余裕が生まれるんだね!
堺雅人の料理人ぶり、すごく好感持てました!
で。。。終わってみれば無性にこの二品が食べたくなりました~~!!
e0169157_21345992.jpg
e0169157_21362250.jpg

これってコミカルな映画なんだよね・・??
不思議とあんまり笑えなかったけど。。(汗)
周りが笑ってる時、我々だけツボが違うのか笑えない。。。
という
苦しみと、寒さを味わえたのもGOO!!!(M発言?)
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-08-23 21:17 | 映画・演劇
<< 特別な夏・・・・ Bye Bye Leslie・... >>