「ほっ」と。キャンペーン

『夜がまた来る』 ~久々18禁?~

昨日は、久しぶりにエロチックな映画を”堪能”しましたで~!

『夜がまた来る』
■製作年 1994年
■時間 108分
■監督 、脚本:石井隆
e0169157_23525976.jpg
■出演:夏川結衣 椎名桔平 根津甚八 寺田農 永島敏行 竹中直人 余貴美子 ほか

<ストーリー>
名美(夏川)の夫(永島)は麻薬Gメンでありながら、
横流しの濡れ衣を着せられたまま暴力団に殺された。
彼女自身も組員にレイプされ、後追い自殺を図ったが、
その時組員の村木(根津)に助けられる。
そんな村木に惹かれる彼女。
だが、復讐を誓う彼女は、クラブのホステス勤めを始め、
組長(寺田)に近づこうとするが…
意外な真犯人とは・・・?



<感想>
『夜がまた来る』
といえば、小林旭のヒット曲♪(古い??)
哀愁をおびた名曲ですよ~
この曲と、フラメンコのカスタネットが効果的に流れる本作品!
好きな女優、夏川結衣が、鬼才・石井隆作品でどんな顔を見せてくれるか?
迷わずTSUTAYAでレンタルした甲斐がありました!
e0169157_918519.jpg


この如何にも 日本の風土、湿気にあった彼女の質感。
癖の無いぽっちゃり型の昭和な日本的美人。
石井作品は、たけし映画ほど乾いていません。
むしろ・・日本の少し湿った質感が、独特のエロティズムになっていると思うのです。

で、夏川さん!!体当たり演技!!
当時26歳のはずですが、なんであんなに色気がむんむん??
椎名桔平相手に、浅い湯船の中でのゆらゆらセックス@@@
彼女の柔らかな肢体が人魚のようで、官能的。。。
でも、、、この体位はきついじょ~~~~><
e0169157_041289.jpg



夏川演じる名美は、夫の無残な死によって、身を落とし、地獄への旅に出かける。
ホステスになり、やくざの親分、寺田農や、子分の桔平に人形のように扱われ、
挙句の果てにヤク中にされ・・・・・・
そんな名美を影のように守り救う根津甚八!
かっこいい役です☆☆
根津のもつストイックな雰囲気は合ってるけど、
香港ならさしずめトニー・レオンが適役でしょう。
ヤクの禁断症状の、夏川の鬼気迫る演技!!!!!
放尿シーンやら、やくざまがいの怒号やら、大迫力です@
やがて、ヤクから抜け、体を拭いてやる小まめな根津。(ここんとこがトニー的)笑
愛し合い、拳銃の使い方の指導を迫る名美に、手ほどきなど、「ニキータ風」

上半身ヌード、下半身ジャージ・・・これが夏川に妙に似合うんだな~
e0169157_044934.jpg


結局、石井隆の好きな 「夜」「海」「ネオン」「血」「セックス」・・「死」
が全部盛り込まれてる王道作品なのです。
ドロドロしそうでしない不思議な石井マジック!さすがです!
作品中、どんどん成長していく夏川結衣の女優根性と、
脇役の面々の好演が、最後まで飽きさせず、かなりドキドキもする秀作でした☆

根津さん・・・今は鬱病で、療養中とか・・・・
復帰できると良いな。
ただし、台詞をもう少しハッキリ言う訓練、望みます@
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-09-12 10:40 | 映画・演劇
<< 『電送人間』 そして魅惑のフィ... DUNCAN記念日☆☆ >>