『奇跡のシンフォニー』

奇跡のシンフォニー
e0169157_110076.jpg
■製作年 : 2007年
■製作国 : アメリカ
■監督 : カーステン・シェリダン
■出演 : フレディ・ハイモア 、 ジョナサン・リース=マイヤーズ 、 ケリー・ラッセル 、 テレンス・ハワード 、 ロビン・ウィリアムズ
<あらすじ>
両親が必ず迎えに来ると信じながら孤児院で暮らしていたエヴァン(ハイモア)。
鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。
そこで“ウィザード”と名乗る男(ウイリアムズ)にギターを習い、
ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。
一方結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラ(ラッセル)と父ルイス(マイヤーズ)も、
それぞれの想いを胸にマンハッタンを目指し……。




<感想>
このような子供を使った映画はお涙頂戴な作品が多いせいか
涙もろい私にはかなり観るまで勇気がいりました。
泣くのが怖い??っていうか・・・まぶた腫れるし、やばいもんね~@

さて、映画冒頭の美しい麦畑のそよぐ音・・・・
エヴァンを包む雄大で優しいベッドのような麦のうねり・・
おおお!!!美しかぁ~~~~~~♪麦ってこんなにきれいだったのか~~~
孤児院で「こいつは変人」「奇人」と呼ばれても、
身の回りのあらゆる「音」を音楽として楽しむエヴァンのキラキラした表情が実に綺麗。。
11年前、ミュージシャンとしてライヴ活動をしていた父と、
クラシックのチェロ奏者だった母・・
e0169157_1183850.jpg

ジョナサン・リース・マイヤーズは何を隠そう、
「ベルベット・ゴールドマイン」で主役に抜擢されたアイルランドの若者です。
e0169157_11144057.jpg

アルコール依存症だったらしいけど、とても繊細でいかにもミュージシャン。
お父さん・・・と言ってもおかしくない落ち着きも・・・?
で、話は戻りますが、
彼は子供が出来てしまったのを知らず、一夜限りの関係で引き離されます。
エヴァンの母役のケリー・ラッセルは、
TVドラマ「フェリシティの青春」で一躍人気が出た女優だそうで
厭味なく、清潔な女性を好演。おでこの生え際、後れ毛が色っぽい女優です。

話戻って・・・(脱線ばっか)
生まれてすぐ「死んだ」と父親から嘘を言われ、
ずっと息子の存在を知らずに灰色の日々を送っている彼女、憐れです・・
一方、彼はライラとの間に子供が出来てたことすら知りません。

まあ、その辺はちょっとありがちなメロドラマなんですが、
少年エヴァンの「音楽」への著しい目覚め、広がり、成長が
かなりセンスよく演出されて面白いです!
ん?家なき子?ピノキオか??
な展開ですが
「同情するなら金をくれ!」みたいな屈折感は全く無いエヴァン!
「食べ物より、お金より、音楽が全て!!!」
ここまで徹底した音楽バカ。。何でも音楽にしちゃう彼に憧れすら覚えます。
天使みたいな天才エヴァン君、応援しちゃうよ~~♪♪
e0169157_11391762.jpg

で、
天才は、やがて両親を音楽で引き寄せ・・・そんな夢みたいな映画ですが
古き良きシネマ時代への愛情と、懐かしさがふっとハートによぎり・・・
なんかこう・・・嬉しくもありました。
で・・・・・うるうる・・・
こういった嬉しいうるうるは、大好きです!

機会があれば、ぜひ☆☆
変則ギター、弾きたくなるよ~♪
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-10-23 11:51 | 映画・演劇
<< 巨人軍に・・・・!!!!!! 大人の女優。 >>