嫌いなもの

あああ・・・・・正月太りで、身体が重い~~~~!!!!!
新年の姫・・じゃなかった仕事初めは4日だったんだけど、
私の仕事は「殆ど掃除」・・
だから適度な運動になりますが、
何故か利用者さん宅は何処も掃除機が重い!
それ持って、2階まで上ったり下りたりが腰に来ますww
結局、体重が減るのではなく、腰が痛いだけ@@
昨年はお腹が鏡餅状態で、こんな自虐落書きしたんだよなぁ~~~
e0169157_15424784.jpg

今年は、↑この顔に笑いジワが数本増えた以外変わらず(汗::)

いやあ~~~
お正月って、なんでこんなに太るんでしょ!?

ところで皆さんは「嫌いなこと(物)」って何ですか?
多感な中学生のころ、嫌いだったものって何ですか?







先日ある番組で、泉谷しげるが母校(中学)で特別授業をやってました。
泉谷が
「嫌いなものは何だ?」
と問いかけると
「先生」
「体育」
「部活のコーチ」
「親」
「勉強のできるしっかり者」
「人に威張る奴」
など、色んな答えがあり、思わず笑っちまって
ずるずる観てしまいました。

泉谷先生(?)は嫌いな物に対して
「いつから嫌いになったか?」をノートに書かせ、
じっくり向き合う生徒たち。。

「お前、体育嫌いか?」
「はい・・走るのが遅くてみんなについて行けないから。」
「それって、悔しいんだろ?」
「・・・・・・」
「そんじゃ、嫌いな走りを逃げずに挑戦してみろ。」

なんて具合に泉谷は、どんどんやらせちゃう。

嫌いなコーチには
「○○だから、もっとこうして欲しい」
と直談判させちゃう。

嫌いな親には
「もっと違う視点で僕を見て欲しい。」
と胸に仕舞っていた事を言わせちゃう。
言ってるうちに、親の思いも違う視点でわかったり・・・

実技(?)を終えてみんな何となく爽やかな顔☆☆

こんな先生がいたら良いよな~~
自己主張をしてみる。
苦手に挑戦してみる。

これって、大人になると益々できなくなるもん。

自分で嫌いと思い込んでたけど、向き合うと案外好きだったり
嫌いな人に自分の気持ちを伝え、それが出来た時点で、自分に自信が持てたり、
やっぱり、嫌い!と確信したり。

これは面白い番組でした~~

ちなみに私の嫌いなものは・・・・・・・ねずみ!!
じぇーーーーーーーったい直視できまへ~~~~~ん@@

あ・・・中学の時は・・・・
やっぱり数学と英語だったかな???

「出来ないものは、出来る人に任せよう!
自分の好きなものをとことんやる!!
だって、嫌いなものをやるほど人生長くない!」
的な開き直り少女だったので。。。でへへ。。。


でも、一回くらいは
「嫌いな数学や英語」にじっくり向き合っても良かったかな~?
なんで嫌いなのか考えるのって、自分を知ることだし。。

中学時代って、まだまだ人間が固まってないもんね。

では・・・・嫌いな家事でもそろそろやるか・・・・・
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-01-07 16:25 | TV
<< ふっかつロマンポルノ!! エロう、すんまへん@ >>