ビビアンの涙:::

東京国際映画祭で・・・
中国代表団の団長、江平監督は、
主催者が台湾の代表団の名称を「中国台湾」か「中華台北」に変えることを拒否したため、
中国は引き揚げると述べた。
23日の開幕直前のこの発表を受け、
台湾と中国双方のスターが環境を意識した「グリーンカーペット」を歩けなくなった。
って・・・・・

なんたる事!!???

なんで映画祭主催側はこの時、中国のヤクザまがいのイチャモンを
「文化の場にそぐわないので、お引取り下さい!」
と跳ね除けられなかったんだ??
権威も何もないじゃないですか!?
相手が引き上げるという前に、
きちんと「駄目なものは駄目!」とたしなめる大人の対応ができない日本。。

どこまで中国にビクビクしてるんだ~!?

台湾は断固として断ったそうで、偉いぞ!!

しかし、夢にまで見たグリーンカーペットを歩けず
あの、ビビアンは泣いたって・・・・
可哀相:::
記事によると、
「(カーペット不参加が決まったあと)朝まで、映画のメンバーとお酒を飲んだ。
でも、私たちには、どうにもならない」
と、無念さを隠さなかった。また、

「脳性麻痺の役を演じたのですが、私にとっては非常にチャレンジングな役でした。
台湾の映画を愛してください」
と、作品に対する思い入れを語る一方で、
「私、昨日はすごくきれいだった」
と、グリーンカーペットのためにドレスアップした姿の写真を
近日中にブログで大量に公開することを宣言。
会場を沸かせていた。

そうです。健気なビビアン・・・・
こんな時でも、ユーモアを忘れない彼女は素敵です。

e0169157_12184563.jpg


ビビアン、台湾作品『ジュリエット』、観るからね!!!
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-10-27 12:09 | 映画・演劇
<< お色気対決!!??(田中裕子v... 「バカ!」の意味するもの。 >>