『ゲゲゲの女房』

ひょえ~~~!!!
昨日は跳んだニュースが入って来ましたね!
北朝鮮が韓国の島を砲撃とは・・・
なんか日本の色々な問題も吹っ飛んじゃうほど驚きました@@

で・・そんな今日、バクダンさんと映画を観に行ってしまいましたがな~

『ゲゲゲの女房』

■2010年・日本
■監督: 鈴木卓爾
■キャスト:吹石一恵 、宮藤官九郎 、南果歩ほか
e0169157_2185211.jpg


あらすじは、飛ばします。
言わずと知れた漫画家・水木しげるの妻、布枝の著書を元に作っています。
NHKドラマと比べると、水木役のクドカンはリアルにピッタリ!!
が・・・いい所はそんなもんかな~~?
あまりにもドラマ版が面白かったから、映画の方はかなり割りくってました。
布枝役の吹石一恵は終始ブスっとしてて、全然共感できないんだな~
彼女のせいだけでなく、これは脚本や監督の裁量です。
淡々としていてメリハリが無い・・・・ううう・・・
ドラマのようには丁寧に描けないし時間的にも無理だから、
もっと番外編のように
ユニークな視点で描けばそれなりに面白いかもしれませんが
「うん、そうそう、それ知ってる・・・」
ってエピソードばかりで、しかもドラマより暗くて、
短時間なのに、無駄なシーンがダラダラしたり・・・オチも効いてない。
せっかくクドカン使ってるんだから、
もっとすっとぼけた作りでも良かったと思いました。
だってぇぇ~~1度も笑えるシーンが無かったんだもん。
で、私にとってはだいぶ期待はずれな作品でした。

やっぱりドラマの方が、面白かったよ。。
向井理は演技が下手でしたが、
松下奈緒の天然ボケな明るさ、おっとりさが懐かしい~~
e0169157_2113095.jpg

[PR]
by mokkori_mattari | 2010-11-24 21:34 | 映画・演劇
<< な・・・なんですと~~~!!?? 内弁慶☆ >>