すみれ色の瞳のリズ・・・逝く

エリザベス・テイラーが亡くなりました。

母より一歳若い、享年79歳。

『緑園の天使』で少年に変装し、競馬(?)に出たお転婆少女。

『陽のあたる場所』で、一人の青年の人生を狂わす眩しいお嬢様。

『花嫁の父』の屈託のない庶民的な明るい娘。。

『ジャイアンツ』では、ジェームス・ディーンにもロック・ハドソンにも好かれる
大地のような女性を。。

『クレオパトラ』では、その後2度結婚するリチャード・バートンと
濃厚なフェロモンを出しまくり。。

『いそしぎ』では、純粋な中年女性の溢れんばかりの恋心を大人の演技で堪能させ。。

娼婦やクリスティー推理映画の犯人役でも、堂々たる華と品位がありました。

彼女は映画のみならず、いつも一生懸命、人を愛した女性でした。

人種、国籍、性の嗜好に拘らず、愛情を尽くし、溌剌とした人間でした。

いっぱい映画で楽しませてくれてありがとう!!

ひとつ、また時代が終わりました。。

さびしいです。
e0169157_2328476.jpg

[PR]
by mokkori_mattari | 2011-03-24 23:29 | 映画・演劇
<< 突然の解雇・・・・・・ 『美しい隣人』 最終回について・・・ >>