カテゴリ:B・C・R( 46 )

ANIMAL・・・・

1977年来日時の雑誌にあったBCRへの質問で

★セックスという言葉で連想するものは?

デレク・・・「愛」(だったような・・?)
エリック・・「ベッド」(だったような・・?)
ウッディ・・「キスよりもっと良いもの」
レスリー・・「Animal!」

何か性格が出ている・・?(ごめん、上の二人はもう一度調べます)
ちなみに私もレスと同じ~~!
そんな彼らの動物愛護な動画から切り取ってしまった☆
ああ・・・レスの子猫を抱く姿に・・・萌え~~
e0169157_14553128.jpg

すすめられなくても、狂ってます@@でへでへ@@


動物とBCR
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-10-06 17:15 | B・C・R

身近な声に・・・興奮!

BCRの幻(?)の生声・生演奏実況CDを手に入れました。
妹がお見舞い、と称してプレゼントしてくれたアメリカ版の

1977年・東京武道館コンサートのものです。
e0169157_17552129.jpg


1. Intro
2. It's a Game
3. Rock 'n' Roll Love Letter
4. Yesterday's Hero
5. Love Fever
6. Don't Stop the Music
7. Eagles Fly
8. Rebel Rebel
9. I Only Wanna Be with You
10. Dance Dance Dance
11. Don't Let the Music Die
12. You Made Me Believe in Magic
13. Wouldn't You Like It
14. Money Honey
15. You're a Woman
16. Saturday Night

正直、驚きましたよ!!
いつも口パクが殆どだったから、ちょっと不安だったけど・・・・

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-10-04 22:20 | B・C・R

DNA・・・・・

レスリーの息子のジューベエ君・・・僧侶になれそうな静かなムードあり。
(ただの印象)

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-09-24 16:30 | B・C・R

ドーーーーーーーーーパミン!!!

こんばんは~~!
今日からなんと、9月ですね。
でも、今日はあっつーーーーい!!008.gif

さて先日ですが、
昔(15年くらい前)、手に入れたBCRのビデオを・・・・
e0169157_1711206.jpg


手放した・・・(涙)

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-09-01 17:29 | B・C・R

特別な夏・・・・

今年の春~夏は特別でした。

★娘の婚約→入籍→妊娠→結婚式
★母の怪我→認知症・難病→介護不可能→施設入所。
★仕事再開。

あれこれ変化があり、それによる”激太り”・・・・
ストレスは私の場合、体に出ます。
これまで経験しなかった”寝つきの悪さ”や、倦怠感。
特に母の事では、入所に至るまで自己嫌悪や葛藤の連続、
兄妹、関係者との間でもピリピリし通しでした。

「このままだと気がおかしくなるかも・・・・」
と、ふと思ったり・・・
一日一回は泣いてました。
友達とも全く会えなくなりました。

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-08-26 10:57 | B・C・R

Bye Bye Leslie・・・・・・・・

いつもどこかで歌っている・・・と信じ、遠くで幸せを祈ります。


日本で偶然会えたら嬉しいな。。(涙)


e0169157_23213687.jpg


いつでも、待ってるよ。
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-08-22 23:31 | B・C・R

哀しそうな瞳・・・

レス李ーの歌声も笑顔も大好きだけど・・・
こんな哀しそうな、ちょっと陰りある表情もグッときます。。(疲れてるだけだったりして?)
e0169157_20314168.jpg


暑い時より、少し涼しい方が似合う顔だなあ。
・・・って気候と顔?関係あるのか?
お天気ネコちゃんじゃあるまいし@@@(古っ!)

「好きなものは好き、それでいいじゃないか!」
をモットーとする私ですが、やはり知りたくなっちゃう女心。。
ネットや本を色々見て、レスのこれまでの半生をまた少し知りました。
単なる陽気な好男子でない、ヒダの部分にいつしか深いため息をつき、

黒目がちの「哀しそうな瞳」
について思いました。。

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-18 16:40 | B・C・R

L・魔ッキューンの声・・・・(声フェチなわたし)

遂に手元に来ました!「It's a Game」が・・・・・・

ええと・・・感想は・・・・・

紙ジャケットレコード風が可愛い!
ミニチュア好きなアッシには、昔のレコードをそのまんま小さいCD版にしたアイデアがツボです☆
中にはカラ-ピンナップが入ってて、裸族の異名にふさわしいレスリーの裸が・・・・

ん?キャッチが
『このアルバムこそローラーズの青春のすべてをぶっつけた汗と涙の結晶だ!!』
です。凄い!

でも改めて聴いてみると、オーケストラサウンドが多くて、
メンバーの腕前がわからないよ。。。。残念。
しかもオリジナルが若干少ない。
「ハートで歌おう」「ラブ・フィーバー」「スイート・バージニア」「孤独の涙」「ダンスダンスダンス」
の5曲のみです。
しかし、このオリジナルがとてもカラフルで大人びてて良いのだ!!
エリック&ウッディは才能あると思います☆☆
「ハートで歌おう」は優等生的!!秀作です。
わたしは
「ダンスダンスダンス」
特に好きですね~~
「ラブ・フィーバー」も面白い歌♪
まあ、5曲あれば良いですかね。

で、アメリカ向けに作ったらしいこのアルバム。。
微妙に、ベイシティーローラーズのうつろな迷いとか、様々な葛藤も伝わってきます。
素朴なスコットランドの若者たちに。。。なんだかアメリカのショウビジネスが介入して、
いじくりたがってる・・・感じ。

僕たち、どういう方向に向かえば良いのか?

そんな迷いが感じられて不憫な気もします。

でーーーーーも!
レスリーの歌い方は面白い@@
ダミ声あり、シュガーボイスあり、カントリーあり、ミュージカルあり・・
インパクトのある歌声はやっぱりGOOです☆
男のシュガーボイスって、ちょっと変な例えですが
甘いのに決して女っぽいわけではないのら。

「愛をささやくとき」はフエロモン、むんむんたるレスリーの魅力発揮。

歌詞紹介します・・・・ひょ~~~~え~~~
053.gif

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-09 17:31 | B・C・R

CDを買っちまった!

私がどういう訳か今まで買わなかったCD,
『It's a Game』(恋のゲーム)
を、今日は通販で注文しちゃった☆
なんで買わなかったのかな?
それまでのBCRの
「健康的な明るさ」、「のどかさ」、「青春の甘酸っぱさ」とはちょっと違う
”色んなことを経験してしまった”感があったから??
って、本当は彼らには等身大だったんでしょうね、これは。
そういえば、わたくし、ディスコティックな曲があまり好きじゃなかったから
多分それで買わなかったのかも・・・・?(ディスコ好きなのに・・)
初期のアルバムにもなかなかセクシーな歌い方や楽曲もあるんですが
これは全体的にちょいアダルトです。


e0169157_20251590.jpg


このジャケット、それまでの清純(?)なイメージのBCRにしては
かなりの冒険!・・・・際どいのだ!!
なんせ、レスリーとエリック、ウッディはオールすっぽんぽん!!
刑務所みたいな外観の彼らの事務所で撮影は行われたとか。。。。

1 恋のゲーム
2 夢の中の恋
3 ハートで歌おう
4 ラヴ・パワー
5 愛をささやくとき
6 冷たいあの娘
7 ラヴ・フィーバー
8 スイート・バージニア
9 孤独の涙
10 ダンス・ダンス・ダンス
11 炎の反逆

当時の中高生ファンが求めていたものと、
彼らの臨んでいたものはマッチしていたのかな??
私がもし当時高校生だったら・・・・
ひょえ~~~!!!
良いです!!背伸びしちゃいます!!アダルト歓迎~っす!!(アホ)
5の「愛をささやくとき」・・なんて萌え~~~!!!レスの歌い方、犯罪もの!!
で、結局今聴くと結構良いのだ・・・・・・・・・
e0169157_21355796.jpg
下の方で聴けます♪
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-08 21:13 | B・C・R

スターの虚像

かつて、ローリングストーンズの熱狂的なファンでした。
そう・・・ちょうど中学3年~高校3年くらいの多感な時期。
規律の厳しい女子校(ミッション系)で、みんな先生の前ではきちんとしていました。
今でいう「ブリッコ」です。
勉強が嫌いだった私は、当時「部活命!」な少女でした。
先輩たちがやっていた「文部省推薦」なダンスを
なんとか「カッコいい、皆が喜ぶダンス」に変えたくて
毎日毎日、練習!
終われば全身をアンテナにし、ダンスの役に立つようなものを探し、
ダンス部の変革を目指していました。

ひいい~~!こんなこと書くとカッコ良いけど、本当は
ストーンズが踊りたかった♪
ストーンズの曲に身体を預け、振付けることが快感だった・・・のかも?

で、ストーンズは不良っぽい代名詞で、その対極がビートルズ、カーペンターズなど。
だから、反骨精神が悶々としていた私にはストーンズの
「満足しねえ!なにやっても満たされねえ!!」(サティスファクション)
といった曲の方が、ピッタリきたんでしょう。

でも、ミック・ジャガーのインタビューなどによると
「俺たちは最初っから不良のイメージで売り出されたから案外楽だったよ。」
と言っています。
因みにミックは本当はかなりシャイ?大人しい人と星加ルミコさんが言ってました。
何をしても、あまり驚かれないし、イメージダウンなんて関係ないから楽だった?
その点ビートルズはストーンズより真面目に見られたけど
ずっと色んなことやってたのかもしれません。
ドイツのハンブルグで演奏活動していた頃なんてドラッグもガンガンやってたし、
酒も強いし、喧嘩もやったし。。
ストーンズのブライアンは別として、半端じゃない経験者だったようです。

スターは多かれ少なかれ、「虚像」があります。
全く裏表なく、正直に出してたら、逆に面白くない。
「制約」、「イメージ」、「禁断のもの」があると、
その中で何とか自分を出そうとする。。。
自由になりたい!
本当はこれはオレじゃない!!

とか、そういうもがきや苦しみがあると、
自然にそれが芸に出て・・
不思議な色気につながります。

たとえばレスリー・マッキューン・・・

人気絶頂期に男性(よく知っている人)にレイプされ、悩み、惹かれ・・・混沌としたはず。
それでもあくまでティーンエイジャーの女の子たちの初恋の純粋なイメージを大切にした。
自然体に見えても、決して自然体なだけではなかったレスリー。
あの若さで見事に、イメージを壊さないように自己演出(タムの方針?)出来た人でした。
彼のBCR時代の映像を観ていると
「オリの中で、動く野生動物」を思い出します。
出たいけど、出ない。
結構、少女たちの本能を刺激し、挑発しているけど、
それは無意識な感じにも見えるのです。

自由が制約されてるから、ステージで歌に、身体に、空気に
一種独特なパワーとして出てくる。。

だから、本当に自由にはならない方が、スターは輝きます☆

そのへんにいそうで、いない・・・オーラ。
隠された部分を、どこかで感じさせる色気・・・・・

皮肉にも、これが実はスターにとって、大きな魅力になるんでしょう。

あんなに親しみやすいイメージのBCRでさえ、
いや、だからこそ、今、最高にあの頃の彼らが輝いて映るのです。

もがき、苦しんでいたんだな・・・・・
でも、素晴らしい青春だった、と彼らが一番感じているんじゃないか?
と思いたいな。
だって、「虚像」であっても、それも彼らなんですから。

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2009-07-04 10:56 | B・C・R