カテゴリ:ブルース・リーさんぽ( 10 )

ブルース・リー、あれこれ・・・・

e0169157_15562311.jpg


ダンスのほかに絵の才能もあった・・・・・・・・・
とても好きなタッチです
e0169157_15461967.jpg

彼の好きな女性のタイプは・・・・?
「オープンで広い視野を持っている女性。」
ノラ・ミヤオとは、多分兄妹のような関係だったと思いますが、
私は絵的に、一番リーとお似合いに見えます。
ノラのインタビューで
「ブルースはギターでYestrdayを歌ってくれた事があります。」
というのがあったっけ・・・・素敵~~!!
e0169157_15523548.jpg
e0169157_166218.jpg

彼の最後の時を共にしていたべティー・ティンペイ・・・・
う~~~~ん・・・肩も組んでないし、ちょっと意識してるかな・・?
晩年、竹久みちか!!??
な風貌になって、リーとの愛人関係を告白したそうです。
彼には、なんとなくリラックスできる存在だったのかも・・・??
まあ、リーはどんな人の個性も認める人だったから、
きっと良い所があったんでしょう。。
e0169157_15574936.jpg


More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-17 16:07 | ブルース・リーさんぽ

李小龍・・・・その5 『燃えよドラゴン』

前3作で国内では、大スターになったリー。
しかし、彼の映画出演の目的は、
スターになることではなく、
「自分の武道と精神を世界中に知って欲しい!」
という意味合いが大きかったようです。
道場を世界中に開くより、映画を通しての方が早く世界中に見せられる!!
なんとなく、生き急いでいる感じがします・・・・

で、『死亡遊戯』の撮影途中に舞い込み、出演する事になった
『燃えよドラゴン』 (1973年)
は、アメリカへのリベンジのチャンスでもありました。

More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-14 10:28 | ブルース・リーさんぽ

李小龍・・・・その4 『ドラゴンへの道』

一人で盛り上がっちまって、ごめんちゃいm(__:)m

第3作目は、リーが独立プロを設立し、
プロデュース、脚本、監督、音楽(構成?)、武術指導、主演をこなした
『ドラゴンへの道』(1972年)です!!
e0169157_2058486.jpg
e0169157_22424755.jpg

舞台はローマ・・・・・
ストーリーは、またまた単純@
ローマの中華レストランを営むチェン(ノラ・ミャオ)は
地元マフィアに乗っ取られそうな店を何とかする為
香港の弁護士に助けを依頼する。
しかし、やって来たのは英語もイタリア語も話せず、天然ボケな青年、タンロン(リー)。
のっけからコメディアンです。
スープばかりレストランで注文し、トイレ地獄になったり・・・
街でもさっそく、ケバイ娼婦ちゃんに引っかかっちゃうのだ~~
(リーさんの演出、すばらしいっ!!)笑
e0169157_2125922.jpg


そんなドジっぽいタンロンだが、ひと度闘いの場になると、凛々しい!!!
頼れる~~~!!!
e0169157_20594140.jpg

水を得た魚のように、やっつける姿は・・・・・はあ・・惚れちゃう!emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

地元のチンピラ代表の彼、お気に入りです~~
いいキャラしてるよ!
e0169157_2151587.jpg

魏平澳!!
彼のおかまちゃんっぽい仕草も楳図かずお似で、素敵~~!
(怒りの鉄拳でも活躍@)
e0169157_2223217.jpg


最高のスター!!(笑)
日本人空手名人役の彼は韓国の人。
「おまえは、タンロンがぁ~~???‘&%#*‘?」
・・・ええ・・???
今のは、何・・????
このセリフで笑わない人は居ないでしょう。
e0169157_2173138.jpg


そして、最強の相手役はチャック・ノリスさん!!
リーさんの友人で空手名人です。
e0169157_1714131.jpg


コロッセオでの格闘シーンは歴史に残るぞ~~!!!
e0169157_20573563.jpg


More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-07 21:09 | ブルース・リーさんぽ

李小龍・・・その3 『ドラゴン怒りの鉄拳』

続けていっちゃうよ~~~!!(ほとんど自己満足)

それまでの香港映画の記録を塗り替えた『ドラ危機』。
さて第二作の
『精武門』(ドラゴン怒りの鉄拳)1971年は、
なんと敵が日本人。。(汗:::)


リーの魅力はこの映画で誰しも認めるものとなったのです。
今観ると、ちょっと怒った顔が多すぎるけど、『怒りの・・』だからま、いっか!

ストーリー、その他は省略しま~す。
e0169157_14244467.jpg

このヌンチャクは、友人の倉田保昭にプレゼントされたものらしい。
リーに出演依頼され、出られなかったお詫びとか。。
e0169157_1425661.jpg


More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-06 15:06 | ブルース・リーさんぽ

李小龍・・・その2 『ドラゴン危機一発』

アメリカから拠点を香港に移したリーは、当時香港では無名。
数々の映画会社に売り込みに行くも、相手にされず。。
ようやく小さな会社『ゴールデンハーベスト』(今は超大会社)のレイモンド・チョウと会い、
ついに・・・・
『唐山大兄』(ドラゴン危機一発)(1971年)の準主役を獲得!!
(あまりに強烈な存在のため途中で主役に変更)
記録的なヒットとなり、一躍大スターに!!
e0169157_2325171.jpg

ストーリーは極単純。
従兄弟のシュウ(J・ティエン)を頼って出稼ぎに来たチェン(リー)。
喧嘩っ早い彼を案じた母からペンダントを貰い、それに誓って喧嘩はしない。。
(我慢してペンダントを握る時、必ずオルゴールみたいな曲挿入)笑
また、シュウの妹シャオメイ(マリヤ・イー)にほのかな恋心も抱いちゃう。
e0169157_0161574.jpg
e0169157_22273344.jpg
e0169157_23284326.jpg

製氷工場で働くがそこは裏で麻薬密売をしているビッグボスの悪の巣で、
麻薬を見てしまった仲間や、彼らを探しにボスに会いに行ったシュウは無残に殺される。
そんな事とは露知らず、彼らの帰りを待つチェンたち。。
ある日ペンダントが手下のチンピラに引きちぎられ、ついにチェンは喧嘩を受けて立つ。
(怪鳥音もヌンチャクも劇場公開時は無かったけど、かっこいいのなんの!!)
とたんにチェンに恐れをなしたボスは、彼を酒と女で手懐け、工場監督にする。

この酩酊→ベッドシーン(?)はなかなかHっぽくて私は凄く好きです。(笑)
e0169157_094537.jpg

この表情がなんともセクシー~~~~
e0169157_0105070.jpg
e0169157_2331214.jpg


しかし、シャオメイちゃんに娼婦館から出るところを見られ、
さらにシュウ達を捜さないことを皆になじられ。。
我に返って、娼婦ちゃんに秘密を聞き、
工場で無残な仲間の氷漬け死体(マネキン)や麻薬を発見!
その間、宿舎の仲間はシャオメイ以外惨殺されてしまう。

ついに仲間の仇を命がけで取る!!!

ショック画像あり!
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-05 23:35 | ブルース・リーさんぽ

李小龍・・・・その1

わたくし、どうした訳か今、第二次ブルース・リーブームです。。

リーの代表作はたったの4本です。
1971~1973年の短い間に閃光のごとく輝き、今も色あせない巨星!
『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』『燃えよドラゴン』。
『死亡遊戯』未完成のまま逝ってしまったのも心底悔しいし、
もう少し色んなリーが見たかった。。

彼の華麗でスピード感溢れるアクション(ジークンドー)は勿論のこと、
コメディセンスも抜群だったし、聡明でもあった。
ハッキリ言って、珍妙なB級映画も、彼の素晴らしいカンフー、なんとも言えぬ魅力で
一級の輝きをもった作品になってしまう。。


嗚呼・・・・・やっぱり本物は良い・・・・

そこで、ざっと今更ながらブルース・リーの経歴を。。

父親が有名なコメディアンで、母親はドイツとのクォーター。(美人!)
だからリーにはどちらのDNAも受け継がれていたんでしょう。
お洒落でなかなかハンサムでしたし。。
本名:李振藩
1940年11月27日、辰年、辰の刻に生まれたから
小龍が芸名。
ドラゴンの由来です。

e0169157_0552171.jpg


子供時代は、映画に子役として引っ張りだこ!
特に不良少年役は上手かったらしい。。
で、本当に不良・・・?喧嘩ばかりしていました。
e0169157_14491127.jpg


More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-09-04 00:04 | ブルース・リーさんぽ

ブルース・リー&ジャッキー・チェン!!

『燃えよドラゴン』で夢の競演をしてたんですが・・・・・・・

当時、リーさんは31歳。
ジャッキーは10代後半です@@@@
e0169157_18415379.jpg


わわっ!!!ジャッキー可哀相~~!!!

e0169157_18425839.jpg


今、リーさんが生きてたら、もうすぐ70歳!!

う~~む・・・
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-08-24 18:50 | ブルース・リーさんぽ

死亡遊戯・コス!!!

待ちに待った(?)

死亡遊戯の
ベビー用コスチュームが到着!!!!


光に早く着せたいのら~~~!!!!
e0169157_1848393.jpg


More
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-08-23 18:53 | ブルース・リーさんぽ

ぬ・・・ヌンチャク!!!!

e0169157_22175444.jpg

三女がブルース・リーに嵌まり、ヌンチャクを練習しています。(笑)

右は、ネットで取り寄せた偽物ヌンチャク。

左は、三女が作った「光の為のヌンチャク」!

「死亡遊戯」でなく、「脂肪遊戯」になりそう・・・・

明日あたり、「死亡遊戯」の赤ちゃん用コスチュームも届くはず。

ああ〜♪楽しみ♪♪♪
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-08-17 22:17 | ブルース・リーさんぽ

映画な日々。。

ブログ夏眠中、何本か映画を観ました♪
といっても、全部DVDだけど・・・・・(映画館には行く気力なし)
『蛇にピアス』
『僕の彼女はサイボーグ』
『秋津温泉』
『嫌われ松子の一生』
~~感想は後日~~~

そして、もう何度も観たけど・・
ブルース・リーの
『死亡遊戯』
『ドラゴン危機一発』
『ドラゴンへの道』
『怒りの鉄拳』

もちろん、リー様の作品は『死亡遊戯』を除いて、大好き!!
『死亡遊戯』は無理やりそっくりさん(似てねえ~!)を使い、
彼で撮れなかった大半をへんてこりんな繋ぎ合わせで作っちゃった映画だから
映画とは言えない!!
だって、リー様の顔写真をくっつけた人が出てきたり。。。
オレンジのコスチュームもそっくりさんのは色あせ(?)でペラペラのダブダブ@
コメデイかよ~~??
脱力するよ、全く@@
だけど、他の作品は何度観ても
華麗でリズミカルな拳法と
飛び切り可愛い笑顔と
孤独感漂う背中、うつむき顔に。。。胸きゅん!!
e0169157_1425211.jpg


そういえば、『ブルース・リー物語』で
少年時代のリーをDUNCANがワンカットだけ演じてたなあ~~

リーの映画を観ていて、ふとした笑顔がDUNCANと被って、
二度萌え~~~~!!!
e0169157_14282756.jpg

私、やっぱり笑顔の可愛い人に弱いんだよね。。。。ううう。。
[PR]
by mokkori_mattari | 2010-08-03 14:19 | ブルース・リーさんぽ