なんだか寂しい。。。。

(一人で酔ってます)
怒涛のような光との触れ合いも終わり、
無事、さいたまへ帰って行きました・・・涙

昨日、施設に光を連れて行ったところ、母の反応は凄かったけど、
それにも増して、光のおおはしゃぎ!!!
私にも、長女にも誰にも見せない興奮のはしゃぎ。。。
本当に驚きました!!
無垢な存在は、無垢に近くなった母を誰よりも感覚で受け入れたのかもしれません。

母は、最近嚥下(飲み込み)が悪く、
いよいよ脳神経の病気の進行が進んできたようです。
それなのに、「早く食べたい!!」「何か食べたい!」としきりに言います。
生命力=食欲・・・・・・?

施設では胃に穴を開けた「胃ろう」の利用者も受け入れていますが
食べたい気力充分な母には、口から食べる楽しみを無くすのは
生きる気力も無くすようで・・・・
とても悲しくて想像がつきません。

この頃、涙もろい私です。
色々なことで、とても「寂しい」って感じるのは、

記憶がそうさせるんでしょうか・・・?

賑やかで楽しかった記憶。
元気に笑っていた人の思い出。
好きな者との、何気ない触れ合い。。

そんなものが、無くなった時
別れた時

人は胸が締め付けられるほど、寂しくなるものなんでしょうか?

思い出が濃いほど、無くなった寂しさは強いかもしれません。

でも、私は、一日一日を出し惜しみせず、
できる限り人と触れ合いたい、と思います。

e0169157_1950986.jpg

[PR]
by mokkori_mattari | 2010-11-04 19:51