あれから・・・・

おはようございます!

今日は計画停電も休止・・・・
といってもこちらの地域は一度も実施されず、申し訳ない気持ちです。

さて、大震災から早、8日。
あの日、私はバレエのレッスン中でした。
バーに掴まって脚を上げていると、ゆ~~~~らゆ~~~ら@@
バランスが取れない・・・・
窓一面が、ガタガタと揺れ、
「今日は随分風が強いですね。」
なんて暢気な事を言ってると、物凄い揺れときしみ、ゴーーーッという音。
「地震!!??」
もう、立っていられません。
3分ほど続いた気がします。。
少しして収まると、ハッと我に返り、外へ・・・・ひゃっ!!!
こんなレオタード姿じゃ出られん!!
急いでGパンを穿いて出てみると、近所の人が数人。
走って家に戻ると、バクダンさんが一生懸命食器棚を押さえています。
「ワイングラスが割れなくて良かったよ。」

あのねえ・・・グラスより、自分を守りましょうよ!

しかし、TVを点けると、東北沿岸地域の惨状が、あまりにも大きすぎて
なんだか現実とは思えませんでした。
何かの間違いでいて欲しい。 CGであって欲しい。。

人間は生まれてから一度は、地獄を体験するんでしょうか?
それにしても・・・・一瞬の津波の地獄は何もかも破壊し、そして去っていく・・

その後の帰宅難民に家の娘二人も巻き込まれましたが、
「勉強になった」
で、済みますが。。

犠牲になった尊い多くの命を、どうかどうか無駄にしないように
「命ある毎日」を、しっかり生きていかなければいけない、と改めて思います。

被災に会った人たちへは、今自分たちの出来ることをしなくてはならないと思います。

■買占めしない。
■義捐金を送る。
■紙おむつ(介護用または赤ちゃん用)、水、生理用品など、
東京都で決められた物資を個人で送るシステムも出来ました。(都庁にて)

ボランティアの要請は、現地の受け入れがきちんと整ってからとの事。

国も、政党や下らん派閥を越え、諸外国の助けも大いに借り、
一番助けて欲しい人たちの一刻も早い支援に命を掛けてもらいたいです!

何もかも、ちょっと遅い感じがします。
(原発事故についても・・・・・)
物資輸送および配給の遅さ・・・・
仕方ない??のかもしれないけど、
外国の救援隊とか使いこなせているんでしょうか?
もっとアメリカのヘリコプターとかで各避難所に行けるんじゃないか??
とにかく、的確な指示をするリーダーシップが見えない!

「避難できたけど、寒くて・・・・こんな事を言ったら贅沢ですが・・・」

遠慮がちに訴える東北の被災者に、一刻も早い救済を願います!!
[PR]
by mokkori_mattari | 2011-03-19 10:29