『シェーン』

古い名作、アメリカ映画の『シェーン』を??年ぶりに観ました。
なんで今頃シェーン??

これ、最近バクダンさんと兄が
「シェーンのラストは良いですね。」
「あ、あれは撃たれていて、馬に乗って去る時、かなりダメージ受けてます。」
「あれは・・・たぶん”死ぬ”ってことでしょうね。」

などと言う会話をしていたから。。。

うううん?撃たれたっけ?シェーン。。。忘れちゃった@

■1953年アメリカ
■監督;ジョージ・スティーブンス
■出演;アラン・ラッド、ジャック・パランス、ジーン・アーサー、バン・へフリンほか

<あらすじ>
舞台は緑麗しいワイオミングの高原地帯。
縁あって開拓移民のスターレット一家に厄介となる、流れ者シェーン(A・ラッド)。
折しも、この地では開拓移民と牧畜業者の間で土地をめぐる諍いが起こっていた。
やがて、スターレット一家にもその騒動が飛び火してきた時、世話を受けていたシェーンは、彼らの間に割って入っていく……。
e0169157_18365063.jpg




<感想>
うっは~~~!!!!
単純なストーリー!!
いかにも古い総天然色だーー!!!
でも、何なんだ?この新鮮味と感動は・・・・・?
ジョージ・スティーブンス監督は「ジャイアンツ」も手がけているけど、
やっぱりこの作品の方が好きだな。
これは、今観ても色あせない「人間の本質を凝縮したドラマ」です。

主演のアラン・ラッドは従来の西部劇ではミスマッチと言える優男。。
内股で小柄。
華奢で顔立ちも美しく日本人好みのサッパリ系です。
ストイックで、寡黙。。カッコいいよ~
音楽も有名ですが、なんといってもラストのジョイ少年の
「シェーン、カンバーーーック!!」
に振り向かず去るシェーン。。。嗚呼。。叙情的☆

初めに彼方から馬に乗ってやって来るシェーンを、じいっと見ているジョイ少年の目・・・
「君はずっと僕を見ていたね?
物事をしっかり見る男は大物になるぞ。」

の言葉に、少年はぞっこん惚れる☆深い言葉だね~~!!
拳銃の撃ち方も教わり、すっかりシェーンと少年は絆を深め。。

そうか。。これは同性愛??
いや・・・とも思えるほどの師弟愛か。

父親のスターレットも律儀で紳士的で、勇気と腕前も一級のシェーンに惚れる。。
またしても、同性愛??
いや。。。濃い友情です。

母親などは、終始シェーンの行動が気になり、胸をときめかす☆
シェーンも一目ぼれらしい。。。。
互いの目が恋を語ってるし。。

これ、今の映画なら、即、不倫です。
でも、これは極めてストイック。
不細工だけど優しい夫には、愛はあっても、恋心はもはや無い妻。
だから、シェーンに惚れていくほど、それを打ち消そうと、夫に
「抱いて・・」
なんて言って、自分を制し、悶々。。。。。
完全に身代わりです、夫は。。汗:

最後にシェーンは、スターレットの代わりにジャック・パランスと戦い、勝つも、彼も傷を負う。
そのまま何処へか去ろうとする彼を少年が必死で引き止めると
「人間を一人でも殺すと、一生その罪を背負いながら生きて行くんだ。
 だから、もう君たちには逢わない。」


そう言い残し去るシェーンの男の美学、惚れる~~!!
確かに馬に乗る姿は。。。死を暗示しているかも。。。
上体がかなり傾いてるし。。

嗚呼。。。。最高のラストだじょ~~~~!!!!!!
アメリカ映画でありながら、凄く粋で、慎ましい。。

やっぱり、名作でした☆

悪役、ジャック・パランスも最高!!!
e0169157_1954463.jpg

[PR]
Commented by NOIR at 2009-03-15 09:55 x
 大人になって改めて見ると、『シェーン』は結構ビター。定石外しをいろいろやっている西部劇ですな。


 以下、妄想。
 シェーンが死んだ後、亡霊となって蘇ったのが、クリント・イーストウッド監督・主演の『ペイルライダー』だと勝手に解釈してます♪

 少女の神への祈りとともに、蜃気楼のようにふらっと西部の町へやってきたガンマンが貧しい一家の苦境を救う。
…と話の構造や細部(貧乏一家の母親との淡い恋とか)が、シェーンと一緒なのです(確信犯)。

 ペイルライダー(蒼ざめた騎手)の由来は、新約聖書ヨハネの黙示録にある、
<蒼ざめた馬に乗っている騎士の名を「死」と言い、その後ろには地獄がつき従っていた>。
 イーストウッド、善人には優しいけど。悪人には、容赦なし。殺して殺して大虐殺。復讐の神の使いですから。
 でも設定では、いちおう牧師なんですけどね。
Commented by みー at 2009-03-15 21:46 x
>NOREさん
そうなんだよね!?確かにビターなお話です。
A・ラッドの顔立ちも、どことなく哀愁を帯びてて、色っぽい。。
肉欲的でなく、繊細だし。

なぬ~?『ペイルライダー』ですかァ~??
どないしよう@@@観てまシェーン@@
でも、話がちょっと似てるWW顔は全然似てないが。。(笑)
CMで使われたり、イーストおじさんにパクられたり、
いや~~!!シェーンってホントにシンプルで奥深い映画ですね☆

ところでイーストおじさんは若干「大虐殺」とか「残酷なラスト」とか
好きじゃないですか?
彼の『ミリオンダラーベイビー』なんて、悲惨過ぎて。。ねえ。。。
Commented by NOIR at 2009-03-15 22:50 x
 なぜ、クリント・イーストウッドが悲惨な話が好きかというと。
ドMだからです (*`▽´*)

 彼の監督作品である、恐怖のメロディ、タイトロープ、マディソン郡の橋、(監督作じゃないけど)白い肌の異常な夜(スティーンブン・キングのミザリーの元ネタ)を見るとよく判る。
 イーストウッドに、そこまでしなくてもいいだろッ!って悲惨な状況が次々襲いかかり地獄へまっしぐら!
 だけならまだしも、自分で監督してるのに。いつもと違って全然カッコよくない。心も身体もボロボロへとへと、オロオロ、メソメソ!
 それを、実に嬉しそうに演じているんですなあ。

 あの人、パブリック・イメージとは逆にド変態マゾです♪ それも含めてイーストウッド大好きなんです。


 現在公開中、イーストウッド監督・アンジェリーナ・ジョリー主演の『チェンジリング』も必見!!!
 ミリオンダラー・ベイビーの7億倍くらい悲惨かつ暗黒な話、しかも実話(笑)。何の救いも無い、イヤ~~な気分で劇場を後にすること間違いなし!
 見たいわあ~~(>∇<)
Commented by みー at 2009-03-16 07:53 x
きゃー!!!
やっぱりイーストウッドは度Mさんだったんだ~~
納得行く作品の数々!
白い肌の異常な夜とか、恐怖のメロディなんてまさに。。。。
いやぁ~そういう目で見ると楽しみがまた違うね。
今日は娘の卒業式。
帰ったらゆっくりまた書きます。
Commented by TOMCAT at 2009-03-20 00:38 x
みーさんこんばんわ

私足を踏み入れてはいけないところへ踏み入れてます。
春までにケリをつけようとおもっているのに、ずるずると・・・

シェーンはヴァンヘフリン目当てで買いました。
えっと、えっと、話が出てこないな。見直さなくちゃね。

どSな女性監督が作ったパニッシャーウォーゾーん4月18日から新宿ピカデリーほかで公開になります。
素敵でしたわ。ドミニクウエスト。ハンサムさんが良く引き受けた!!
ってことでスプラッタですが、好みだったのでお勧めに上がりました。
Commented by mokkori_mattari at 2009-03-20 10:55
>TOMCATさん!ようこそ~~♪
お元気でしたか~?嬉しいです!

ん??何ですってーー???
足を踏み入れてはいけないところ・・・・・・・・・?????
嗚呼~~~ん、気になるじょ~~~~~~~~(爆)
人間って密かに楽しめるものがあるから面白いんだよね☆
それが全くない人間はつまら~~~~~ん!!(断言@)笑

ところで『シェーン』のヴァン・へ不倫がお好みでっか?
ひょえ~~!渋い!!素敵~~!!
彼は良い味出してます☆ひょっとしてあの中で一番男っぽいかも。
また観たいです。

>どSな女性監督が作ったパニッシャーウォーゾーん4月18日から新宿ピカデリーほかで公開になります。

えっ!?面白そう!!
私はどっちかと言えば(?)Mですが、興味津々ですね~
ハンサムさんがいたぶられるんでしょうか?きゃっ!
可哀相ですが、ちょっと観たい「Sな私」もいるんです。。。。ぶふっ@

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mokkori_mattari | 2009-03-13 18:24 | 映画・演劇 | Comments(6)